島原市観光情報サイト

ENJOY!しまばら Shimabara Tourism Burean

島原市観光情報サイト

menu

Close

Social

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

観光案内

観光
する

島原城

島原を象徴する歴史的建造物  ”島原城”

島原城は元和4年(1618年)から松倉豊後守重政7年の歳月を費やして築いたものです。

当時、森岳と呼ばれた高地を城のかたちに切りとって石垣を積み、堀を掘って造り上げました。

全て ※1)塗籠(ぬりごめ)で ※2)白亜五層天守閣を中核として大小50の櫓(やぐら)を

要所に配置して、これを囲む ※3)矢挟間塀(やざまへい)の長さは総延長 2,233mという規模の大きさで

安土桃山時代の築城様式をとりいれた壮麗なものでした。

以来、約250年間4氏18代の居城として歴史上からも数々の歴史を生んできました。

しかし、

明治維新により廃城が決定。明治7年解体されて以来90年、天守閣無き城跡だけがその面影をとどめました。

昭和35年に「西の櫓」を復元、次いで昭和39年「天守閣」、48年「巽の櫓」、55年「丑寅の櫓」などが

矢挟間・鉄砲狭間を備えた長塀とともに復元されました。

 

現在は、天守閣がキリシタン資料並びに藩政時代の郷土資料・民俗資料などを展示しています。

 

※1  塗籠(ぬりごめ)・・・土などを厚く塗り込んだ壁のこと

※2  白亜五層天守閣(はくあごそうてんしゅかく)・・・白色の壁で5階層の天守閣

※3  矢狭間塀(やざまへい)・・・内側から外をみて矢を射るためにあけた小窓のついた塀のこと

島原城の施設

観光復興記念館

観光復興記念館は平成8年5月に開館しました。

この記念館は2階建てになっており2階からご入館いただけます。

 

1階では、

雲仙普賢岳の噴火についての映像が流れており、

噴火当時の様子やその後の復興について約15分ほどご覧いただけるシアタールームとなっています。

 

2階では、期間限定の展示会を開催しております。

開催中の展示についてはこちら

ー2018年の夏には島原市のゆるキャラしまばらん」展を開催しました。

しまばらんの作者は妖怪ウォッチの作者でもある漫画家”小西紀行”先生です。

基本情報

天守閣入館料 大人540円、小中高270円
※天守閣、西望記念館、観光復興記念館の3館共通入館料
※30人以上の団体は2割引
※障害者割引は、通常料金の2割引
お得な共通チケットはこちら
住所 長崎県島原市城内1丁目1183-1
アクセス 島原駅から徒歩10分
TEL 0957-62-4766(島原城天守閣事務所)
営業時間 9:00~17:30(入館は17:00まで)
島原城公式サイト https://shimabarajou.com/
駐車料金 乗用車320円、小型バス540円、大型バス1,080円、バイク100円
お問合せ先 島原城天守閣事務所(株式会社島原観光ビューロー)
TEL 0957-62-4766

2019.03.02