島原市観光情報サイト

ENJOY!しまばら Shimabara Tourism Burean

島原市観光情報サイト

menu

Close

Social

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

観光案内

観光
する

2017.06.20武家屋敷

かつて武士たちが暮らした街並み

島原城の西に続く一帯を、鉄砲町と呼びます。鉄砲町は島原城の築城とともに形成され、鉄砲町の名は鉄砲組(徒士)の住居地帯であったことと、造成当時隣家との間に塀がなく、まるで鉄砲の筒の中を覗くように武家屋敷街が見通せたので、その名がつけられたと言われています。
7つの町筋は碁盤の目のようにできており、ここには扶持(ふち)取り70石以下の徒士(かち)屋敷が690戸ありました。
町筋の中央に流れる清水は、北西の「熊野神社」を水源とし、飲料水として使われ、水奉行を置き、厳重に管理されていました。
現在、保存されている下の丁の武家屋敷は、延長406.8メートル、幅長5.6メートルの町並みで、山本邸、篠塚邸、鳥田邸の3軒が一般に無料開放され、当時の武家生活の様子が偲ばれます。また、武家屋敷休憩所では白玉に独特の蜜をかけた郷土の味「寒ざらし」が楽しめます。

基本情報

入場料 無料
住所 長崎県島原市下の丁
アクセス 島原鉄道 島原駅
TEL 0957-63-1087
営業時間 9:00~17:00
※武家屋敷売店(TEL 0957-63-1087)は9:00~17:30