島原城築城400年特集

島原の地に誇り高くそびえる島原城。この壮大な城は、松倉豊後守重政公の手により、元和4年(1618年)に7年の歳月をかけ完成させました。
5層の天守閣を中心とした、本丸、二ノ丸に大小16基の櫓、外曲輪には31基の平櫓が並ぶ近世城郭の傑作です。

城の周囲を見渡せば、長さ5,320mにも及ぶ大規模な矢狭間塀を巡らせ、江戸時代初期の石垣構築技術と桃山期の築城観を併せ持つ壮麗な城郭でありました。
その後、寛永14年(1637年)に「島原・天草一揆」で実戦を経験し、寛政4年(1792年)の「島原大変」の眉山大崩壊と津波という歴史的大事変に遭いながらも、250年にわたり島原藩の中心として栄えました。しかし、明治6年(1873年)の「存城廃城令」により城は民間に払い下げられ、明治9年までに惜しくも天守閣や櫓の多くが解体されました。それでも昭和39年(1964年)に天守閣が復元され、市民の誇りとして今日に至ります。

こうした中、令和6年(2024年)島原城は築城400年を迎え、この記念すべき年には、島原城と城下町の豊かな歴史と文化を振り返り、未来へと継承するための様々なイベントが開催されます。この記念事業を通じて、島原城の新たな魅力を発掘し、次世代に語り継ぐための取り組みが始まります。これからの島原城の旅路を、ぜひ一緒に歩んでください。

小説:島原城築城主松倉重政の物語『海道の城 〜松倉重政伝〜』

この小説は築城400年を記念し作成されました。
島原城を築城した松倉重政公は世間⼀般的に島原の乱(島原・天草⼀揆)の要因を作った負のイメージが強い⼤名です。
しかし、島原に来る前に奈良の五條に城と城下町を作り、400年以上経った今でも重政公を讃えるお祭りが開催されるなど五條の⽅々にとっては⼤変良いお殿様だったようです。

そんな重政公が島原に移り、何を思いこの島原城を築城したのか、本当はどのような⼈物だったのか全6回に分けて公開されます。

『海道の城 〜松倉重政伝〜』

島原城築城400年関連イベント

島原城カウントダウン~築城400年を笑って迎えよう~

と き 令和5年12月31日(日)20時~令和6年1月1日(月・祝)1時 終了
ところ 島原城
問合せ しまばら観光課または島原城(0957-62-4766)

島原城刀剣展

と き 2024年1月6日(土)~1月21日(日) 終了
ところ 島原城
問合せ 島原城(0957-62-4766)

島原城市民無料開放

と き 2024年2月1日(木)~2月29日(木)
ところ 島原城
問合せ しまばら観光課または島原城(0957-62-4766)

NHK(Eテレ)テレどーも!(公開収録)

と き 2024年2月17日(土)開場15時 開演15時30分~ 終演予定16時30分 終了
ところ 島原市有明総合文化会館
問合せ シティプロモーション課

宝くじスポーツフェア ドリーム・サッカーin島原

と き 2024年2月17日(土)~2月18日(日) 終了
ところ 島原市陸上競技場
問合せ スポーツ課

島原城梅花茶会

と き 2024年2月18日(日)10時~14時 終了
ところ 島原城御馬見所
料 金 500円(お菓子付き)
問合せ しまばら観光課

出張!なんでも鑑定団in島原(公開収録)

と き 2024年2月25日(日)開場12時30分 開演13時30分~ 終了
ところ 島原市文化会館 大ホール
問合せ しまばら観光課またはシティプロモーション課

島原城春まつり

と き 2024年3月24日(日)
ところ 島原城
問合せ 島原城(0957-62-4766)

島原城桜花茶会

と き 2024年3月24日(日)10時~15時╱3月31日(日)10時~15時
ところ 島原城御馬見所
料 金 500円(お菓子付き)
問合せ しまばら観光課

島原コスプレの乱 春の陣

と き 2024年3月24日(日)
ところ 市内各所
料 金 参加費1,500円
問合せ 島原コスプレの乱実行委員会(050-5216-0827)

築城400年関連商品

島原城築城400年記念関連商品について

FOLLOW US!