島原市観光情報サイト

ENJOY!しまばら Shimabara Tourism Burean

島原市観光情報サイト

menu

Close

Social

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

観光案内

島原
グルメ

2017.06.16手延べそうめん

島原地方で育まれた最高のそうめん

由来

雲仙岳の裾野がなだらかに広がる島原地方は寛永14年(1637年)の島原の乱で、すっかり荒れ果てましたが、その後、農村復興のため小豆島から移住した移民の人々の中にいた手延べそうめん造りの名人が藩主の保護をうけ、その技法を島原地方にもたらしたという説、また、中国から渡ってきた後、島原地方の風土に合い根付いたとの説があります。
島原地方の豊かな農地に育まれた良質の小麦粉と、名水百選の一つに選定された湧水、おだやかな気候風土に恵まれ、独特のコシと風味のあるそうめんが作られています。

ゆで方のこつ

まず、多めのお湯(そうめん五束=250gに対して水約2.5l=約1升4合の割合)を充分沸騰させます。沸いたら、そうめんの束を解きよくほぐして入れ、再び沸き上がったときカップ半分ぐらい差し水をします。2回それを繰り返せばゆであがりです。
そうめんはざるにあげ、冷水の中でかきまぜ油抜きします。再び容器に取り、冷水に浮かし、味汁に配してお召しあがりください。